ご提案したいこと

ご提案したいこと


やはり人気スポットを作り出したいですよね。
観光コースに入れないと施設や、生活に必要な拠点であるとか、一緒に考えて行きましょう。

①空き家対策:自宅を店舗付き住宅にしよう計画 古くなった自宅をお店にリノベーションしよう!
②遊休地複合施設利用計画
③サイクルホテル+地元アクティビティー連携計画
④ナレッジスクール(タウン)開設計画
⑤海沿い桟橋(ピア)+ヴィラ(プチホテル)計画
⑥インバウンド誘致


空き家対策:
自宅を店舗付き住宅にしよう計画
 古くなった自宅をお店にリノベーションしよう!



●知多半島にはお店を始めたい方々がたくさんいますね!少し驚くくらいに!
●でも、空き家を借りて始めたい方や、内外装共にリノベーションの許可を得れることが大切な様です

★しかし、このコーナーでは自宅を使ってお店や店舗付き住宅にリノベーションしたい方に焦点を当てて考えてみたいと思います。
★2階や3階を自宅にできるように1階を空くようにしてする事業のススメです!
★メリットは家賃がかからないことです。その分成功率も高くなるはずで、第二の人生をお考えのご夫婦にもオススメしたい発想です。

●定年後になにをやって良いのか分からない、とか、日がな孫の世話をしている方もいます、それも幸せですが、そんなことにも恵まれない方もたくさんいます
●ご夫婦のみの家もたくさんありますね!


★どうですか、もう一度やりたいことをやるなり、やりたいことを見つけるなり!人生90年時代!80才まで元気にバリバリ働く人も増えて来ます。
●もう一花咲かせる!、いかに楽しめるかでしょうか?!
●人が集い。人が繋がる場所のオーナーでいて欲しいですね!、是非トライを!!

★私たちがお手伝いさせて頂きます!!
★頼って下さい!
★思いを聞かせてください!

★人生を楽しくするのは自分のやるべきことですが、協力者も必要です!仲間も必要です!、やるべきことは楽しむことができるお店にできるかどうか?!
●是非、チャレンジして下さい!!
★応援させて下さい!
★ご連絡お待ちしております!!

このページのTOPへ戻る>>


遊休地複合施設利用計画

 


●遊休地を何人かの地主さんの土地をまとめて借地権化し、地主さんにも収益を上げていただきながら、
●合筆後に敷地全体に何棟かの建物を借主が建て、何棟もある施設とその建物の隙間を使った客席もあるような、
●昔風に言えば横丁のような、それをもう少し進んだ形にして、集客がしやすくなるような、そんな人が集まりやすくなるようなスポットを、2,000坪くらいで展開できれば、知多半島にいくつかつくれる可能性があるもの思います。


●合筆するという発想から、定期借家というスタイルは見かけるものではないとは思います。
●大きなビル型の複合施設はみなさんこのまなくなっているので、変かの取りやすい小型の建物(大きくても150坪あたりまてであるとバランスとして良いのかなと思います。
●例えば医療機関があることも好ましいでしょう!
●いろんな商売の集合として、地域の人の便利となる場所であり、近い将来インバウンドの方々や、マイクロツーリズムの方々も宿泊できる施設も併設して、多くのひとが混在し、楽しい時間を共有する、子供からお年寄りまでが、全てが集える小町を点在するかのように知多半島各所に出来ることを夢見ています。
●先ずは、地主さんとの交渉事からスタートですね!
●どうでしょう、私道を付けたりとテクニックもあることなので!全体として、2年は掛かる事業でしょうか?!
●ても、その未来は明るいものとなって行くことでしょう!
●こんな企画に乗ってもらえる地主さんと是非、お会いしたいものです!
●ここでやってこそ、成功が見ることが出来、雇用が生まれ、関係人口も増え、自治体にも税収入がある、であればこの計画は官民連携が相応しいのかも?!
●スタートアップも生まれやすく作り上げることも意識をしながら、つくりあげて見たいですね!!
●夢のようなことを!、と言っておられる方こそ、その必要性を理解されているかたかも、そんな風におもいます!!
●みなさん!ぜひご協力下さい!!
●御連絡、お待ちしております!!

このページのTOPへ戻る>>


サイクルホテル+
地元アクティビティー連携計画

 


●サイクルホテルとは自転車のままで部屋まで行ける宿泊施設で、ダイニング施設も充実して先進的オーベルジュのことをイメージしています。
●知多半島のは全長100km超のサイクルロードが海沿いや、半島中央部にあります、あまり利用されているとは言えない状態ではありすが、その途中から途中で名所旧跡を始め、人気スポットにも行けるよう道が作られています。
●スポーツバイクともなると1台何百万円という素敵な自転車もあります、おいそれとどこかに留めておけるようなものでもありません。
●マイ自転車でスポーツタイプでなくてもお洒落で優雅な物もあります。
●マイ自転車じゃなくても風を切って颯爽と走るのはとても気持ちのいいものです、まして風光明媚の環境となると格別です。
●そこにインバウンドの方々も、日本のファンの方々も同じホテルに宿泊ができ、そこでは特別なアメニティがあったり、食についても、地元の発酵醸造文化や、山車文化に触れたりして貰っても素敵です。


●こんな施設が知多半島に人を呼び込む人気スポットになることも夢見ています!
●こんな施設があったらなーって思いませんか?!
●秩父、中央部海寄り、中央部高台、南部海寄りの4ヶ所にでき、移動して楽しむ半島ツアーも素敵だなーって思えてなりません!
●いくつかの事業所さんや自治体、個人団体の皆さん一緒になって作りあげませんか?!
●夢のようなことを!、と思わずに、未来の知多半島を想像してください!!
●是非、ご検討下さいませ!、地元資本で無理であれば外部資本であっても良いのでは、知多半島に人が沢山きてくださることが、また次の未来を築いて行くのではないでしょうか!
●是非、計画にご一緒させてくださいませ!、自治体の方々も考えてみてください!!
●宜しくお願いいたします!!

このページのTOPへ戻る>>


ナレッジスクール(タウン)
開設計画
 



●ナレッジスクール(タウン)と言うのは、空想の中のお話ですが、こんなことをイメージしています。
●コンシェルジュ(案内役)がいるラウンジが1フロアあると想像して見てください!、スタートアップやベンチャー立ち上げを考えているAさんが会員になっていると仮定してください。Aさんはお友達を2人まで会費のなかで一緒に席に着くことができるとします、毎回違ったお友達でも2名までなら構わないと言う意味です。


●同じように、Bさんのグループ、Cさんのグループ、Dさんのグループほかたくさんのグループがラウンジに集まっていると想像して見てください。
●登録されているので、Aさん、Bさん、皆さんの素性もコンシェルジュはわかっています。
●そのコンシェルジュがAさんにDのグループの方々がこんな思いをお持ちのようですが、よろしければご紹介しますと声をかけてくれて、Aさんは’’是非に’’となった時、コンシェルジュはDさんにAさんにという方があちらに見えますが、ご紹介下さい、とお声がけがありましたが、よろしかったらお会いされますか?、と声を掛けます。
●両者、合意のもとお会いすることになり、別席に変わって、自由に歓談となり、意気投合されたりする場合も生まれるかもしれません。
●もし、こんな事業を起こしてはどうかと意見がでてきたら、上のフロアに上がります。


●上のフロアには士業の分室があり、考えている事を即、相談ができるようになっていて、AとDの、グループはもしかして一つのベンチャービジネスを始めることになるのかも知れません。
●願くば1階はブックカフェになっていて、本棚を移動させるとセミナー会場になったりもします。


●この一連の動きが、若い世代や、第二回目の創業をされる、少し年代の高いグループもできるかも知れません。
●ナレッジとは、知識のことです。知らなかった事を知る機会ができ、スタートアップ機会にめぐまれたとしたら、あなたは会員になりませんか?!
●こんな文化施設を自治体を含めた官学民で行われたりも良いのかもしれません!
●なかなか自分の思いを人に伝える機会はありません、その企画を作るラウンジがナレッジタウンです。
●みたいな事を言っているようですが、自治体や県が、例えば3年間でも支援してくれれば、夢はかなうかも知れません。

このページのTOPへ戻る>>


海沿い桟橋(ピア)+
ヴィラ(プチホテル)計画

 


●これは、海に突き出た桟橋(ピア)をイメージして下さい。自分たちで釣って来た釣果を市場で調理して貰って食べることが出来たり、市場で売っている魚介を地元の野菜とも合わせて食べることもできたり。
●知多半島のお酒やワインやビールも飲めるダイニングがあったりします。
●そして宿泊施設も併設されていて、近くのアクティビティにもシェアサイクルなどて簡単に出掛けたりも出来ます。
●一つのビレッジのように、ホテル等は全てキッチンもバスルームも備わったヴィラ型で1棟はさほど大きくないですが、ある程度の長期滞在型プチホテルになっています。
●パパはワーケーションも出来るし、子供たちのラーケーションも楽しい、ママたちのためのワークショップも良いですね!


●このピア計画には地元の協力が欠かせません、自治体の支援も大きく必要です。
●名物スポットになって欲しいものです!
●知多半島に何ヶ所か作れるところがあるはずです。
●観光立国の目玉の一つとして、インバウンドの方々も訪れたくなるような、知多半島の特産品も集められていると良いですね!
●知多半島は全域が海に囲まれているユニークな場所で特産も多いですし、サイクルロードも充実しているので、子供達の情操教育してにも役立てて欲しい地域なのです。

このページのTOPへ戻る>>


インバウンド誘致

 


●インバウンドの方々にもきてもらえる観光立国化を進めるためには、知多半島特有の文化を知ってもらう準備が必要です。
●発酵醸造文化もしかり、山車まつり文化もしかりです。
●そのためには、ホテルから民泊まで宿泊地が必要です、それに空き家を上手く使えないのかとか、老朽化した建物をリノベーション出来ないのかとか、新築することも考えれないのか、などなど。


●運営維持するための人材も必要です。
●完璧な準備をしてから開始するのが常道ですが、始めてしまってブラッシュアップさせていくやり方もあって良いとも思います。
●先ずは民泊からでもやってみることが知多半島には不可欠です。
●インバウンドの方々の中にはセレブな方も多くいるある事でしょう、だからと言って、セレブな雰囲気を纏ったものづくりをすることが第一義では無いのかも知れませんね。
●知多半島の良さを提案し、人と人として察することができ、文化があり、清潔である事。必要なことはここからです。
●あまり夢を膨らませ過ぎないようにして、コツコツと。一つ一つ作り上げていかないといかないのですが、ゆっくりもしてあられないのです。

●どれだけの人を誘致できるのかわかりませんが、なんとか宿泊地だけは準備をしないと!
●今のままではあまりに勿体無い!!
●そろそろ真剣になって考える時のようですね!
●もうインバウンドの方々は来日してきていますから!!
●少しスピードアップさせましょう!
● 知多半島を日本一住みやすい街に!

街づくりコンサル&プロデュース
Yume Tsunagu Works
https://yume-tsunagu-works.com
にご相談下さい!!
●きっと力になれることがたくさんあるはずです!

このページのTOPへ戻る>>